八重咲レンゲショウマ

もう何年経つのか忘れてしまいましたが、八重咲のレンゲショウマとされる実生苗を買って来ました。半信半疑で育て、初花を見たのはそれから数年後の事でした。

aP7280318.jpg

aP7280319.jpg

昨年は花茎が伸びず花を咲かせませんでしたが、今年は立派な花茎が伸びて来ました。

レンゲショウマは、実生発芽から3~4年で開花するそうです。山間の地とはいえ、一般的な自生地よりずっと温暖な我が家で、無事に結実するか分かりませんが、もし種子が採れたら蒔いてみようと思っています。

最近、植物園との関りや富士山こどもの国(花の谷)でのボランティアなどを通じ、種を蒔いて植物を育てる事の楽しさを知りました。それは、山野草に限らず野菜や園芸植物でも同じです。

良く目にする園芸植物でも、発芽から手こずるものもあり、開花結実まで育てるのは楽ではありません。また、上手く発芽したとしても、移植のタイミングなども把握していないと、多くの苗が姿を消してしまいます。
スポンサーサイト



義母の家の花

義母の家に様子見に行った時、庭の花を撮ったので、少し掲載します。名前に自信のないものばかりですが・・。

aIMG_5586.jpg

aIMG_5585.jpg

トレニアは、我が家の庭でも零れ種で各所に咲いています。正確にはハナウリクサというらしい・・。

aIMG_5601.jpg

aIMG_5584.jpg

こちらは、ニチニチソウでしょうか?

aIMG_5582.jpg

aIMG_5607.jpg

ミニヒマワリ?とマリーゴールドです。マリーゴールドは、コンパニオンプランツとして畑にも植えました。

aIMG_5611.jpg

こちらは、義母から剪定を頼まれたキンカンです。かなり深く剪定したので、花が咲かなかったらどうしようと不安でした。でも、沢山の花をつけていました。

他にも、いろいろな花が咲いていました。庭の花に興味を持っているようなら、少しは安心出来ます。

21日に、2回目のコロナワクチン接種が終りました。1回目と同じく、接種箇所周辺の筋肉が傷みましたが、それもあまり感じなくなりました。若い人たちの接種も、早く終わると良いですね。

植物園ビオトープエリア

昨日は、久々に植物園の草刈りなどをして来ました。ビオトープの周りも、歩き難いくらい草が伸びていました。

aIMG_5542.jpg aIMG_5499.jpg

実生二年目の、タコノアシです。タコノアシは、発芽率が高く、また地下茎で栄養繁殖するので、場所を決めて植付けてあります。

aIMG_5539.jpg aIMG_5568.jpg

実生一年目と二年目の、ヌマトラノオです。ヌマトラノオは、苗の時と成長してからの葉が少し違って見えます。

aIMG_5545.jpg aIMG_5549.jpg

昨年秋に播種したミズオトギリとヒメハッカも、順調に育っています。

この他にも、ノハナショウブ、ヘラオモダカ、ミツガシワなどを植栽してあります。成長具合を見ながら、植付位置などを調整して行くつもりです。

aIMG_5533.jpg

aIMG_5513.jpg

いろいろなトンボが飛んでいました。ここで羽化したものもいます。また、ヤマアカガエル、モリアオガエルなどが卵を産んだり、水生昆虫もいろいろ棲んでいてとても賑やかです。

アオミドロの除去や草刈りはとても面倒ですが、思い描いているビオトープに近づいていて、とても楽しみです。
この場所を、湿原エリアと呼んでいましたが、今後はビオトープと呼ぶ事にしました。ビオトープは、管理士やアドバイザーなどの認定資格があるそうです。私?そういうものは必要ありません。難しく考えるのが、苦手なので・・。

素人農業のイモ類

雨続きで、畑が放置状態になっていました。合間を縫って、遅れていたラッキョウなどを収穫して来ました。

aP7050025.jpg

挿すのが遅くなってしまったサツマイモも、順調に育っています。

aP7050026.jpg

サトイモ類も、今の所順調です。でも、せっかく土寄せしたのに、先日の大雨でかなり流れてしまいました。

aP7050033.jpg

ショウガは、日照が悪くても良いとの事で、サトイモの畝の間に植えてみました。

いろいろ植えて、その成長を見るのは楽しいものです。でも、ちょっと怠けると草だらけになってしまいます。この日は、繁茂した雑草は見ないふり・・憂鬱です。

アサザの花

左官のプラ舟ビオトープに植えてあるアサザが咲きました。

aP6200047.jpg

大きい葉はヒツジグサで、小さな葉がアサザです。

aP6200043.jpg

aP6200044.jpg

花弁の周辺に細かい切れ込みがあります。同じ科のミツガシワにも花弁に白髭が生えていて、色は違っても似たイメージがあります。
ミツガシワ科アサザ属アサザ(Nymphoides peltata (S.G.Gmel.) Kuntze)。

ミツガシワ科の植物は、面白い生態を持っています。アサザもミツガシワも、オシベが長くてメシベの短い短花柱花とオシベが短くてメシベが長い長花柱花があります。この異なった花の間で花粉がやり取りされないと、正常な種子繁殖を行う事が出来ないそうです。

このアサザは、二十年ほど前にホームセンターの園芸コーナーで買って来ました。かなり増えましたが、全て一株から栄養繁殖したクローンです。花は短花柱花のようですので、長花柱花が見つかったら受粉して種子を採りたいと思っています。

伊豆のガクアジサイ②

続きです。

bP6230155.jpg

bP6230167.jpg

装飾花が平開しない、或いは内側に反っているタイプです。

bP6230190.jpg

この個体は、葉が赤褐色を帯びていました。花も赤味を帯びています。

bP6230172.jpg

bP6230178.jpg

装飾花もいろいろ・・。

bP6230175.jpg

こちらは、装飾花が無く両性花のみでした。

一見似た花でも、良く見るといろいろな変異があります。ただ、山野で細かい違いに気付くのは、鋭い観察眼とこの植物への強い思い入れが無ければ難しいと思います。

伊豆のガクアジサイ①

アジサイの仲間は、花の変異が多い植物だと思います。近くの山林で見るヤマアジサイも、装飾花の形や大きさが様々です。

植物園の圃場には、伊豆周辺で発見されたガクアジサイのコレクションが待機しています。その一部を撮って見ました。

bP6230203.jpg

挿木増殖されたものなので、まだ未開花のものもあります。其々に番号がついていて、特徴の書かれた一覧表が、発見者によって作成されていました。

bP6230141.jpg

bP6230144.jpg

bP6230154.jpg

装飾花や両性花の花色、形の違いなど、とても細かな観察内容が、一覧表には記載されていました。発見査のホームページは下記になります。昨年、先生のお供でその方とお会いする機会を得ました。世の中には、凄い人がいるものだと改めて思いました。

伊豆半島におけるガクアジサイとアマギアマチャを含むヤマアジサイの交雑種



プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR