草本保全区

昨日は、10日ぶりに植物園の作業に行って来ました。日程が決まっているわけではなく、自己都合で作業しています。

aP1300011.jpg aP1300006.jpg

地域では、24日の晩から25日の早朝にかけて、台風並みの強風が吹きました。それが心配でした。案の定、前回片づけたのにご覧のようにスギの葉や枝が散乱していました。

aP1300027.jpg

aP1300021.jpg

管理歩道を優先して片づけました。寒い日なのに、汗をかきました。

この日、新たに2組の木枠を配置しました。

aP1300028.jpg

右手前の木枠の中に、黒い塊が見えています。これは、凍った表土を割ったものです。我が家に比べて、冬はかなり厳しい環境である事が分かります。

aP1300022.jpg

こちらは表土が平らだったため、そのまま配置しました。

aP1300026.jpg

管理歩道に、トラロープ張り用の杭を設置しました。左側は片づけた葉や枝です。エリア外への搬出は時間がかかるので、場所を決めて集積しています。

aP1300030.jpg

二番目の石積みです。私では施工できないので、土木担当の手が空いた時に積んでもらいました。ここには、2種類の実生苗を植え付けてあります。上手く育ってくれるか試験的に植えてみました。

aP1300064.jpg

こちらは、植物園の入り口に置かれている防腐処理をした間伐材です。長さが4mくらいありますので、短く加工したもの以外、私の車では運べません。仕方ないので、この日使用する4本だけ担いで運びました。草本保全区まではかなり距離があるので、とても疲れました。
サクラ、ウメ、ツツジ、シャクナゲ、アジサイなどの木本は、先生のご指示で職員が植栽しています。でも、草本エリアは、私がプランして植栽しています。凡その配置案は作ってありますが、株分、挿木、実生による増殖、その他入手状況によって、その都度調整しています。

草本エリアは、基本的に未公開予定です。まず、植栽植物が配置した環境で上手く育つのかも、確認して行かなければなりません。自身の考えで配置して見て、今後調整していく必要があります。そういう意味で、現時点では植栽実験場のようなものです。

5段目の写真に素焼き鉢が写っています。このエリアには、先生のコレクションされたカンアオイ属を植栽してあります。土が黒ボク主体である事や、雨水により表土が影響を受けやすく、当初想像していたより生育が芳しくありません。そこで、素焼き鉢を埋め込んで、赤玉土+鹿沼土の混合度に植え付ける実験をするために木枠を配置しました。栽培棚の鉢植えと違い、林床への植栽は識者の方でも正解を出すのが難しいと思います。
スポンサーサイト



小さな里山保全

毎日一回、萌の散歩道のショートコースを歩いています。ロングコースは、萌が大変そうだったので、ある時期から止めました。様子見に行くと、倒木やササが覆い被さりそのままでは歩くのが大変な状態でした。

aIMG_1061.jpg

aIMG_1062.jpg

ササの繁茂していた赤道が、晩年のショートコースです。地主さんの承諾を得て、時々ササを刈っています。雪の日も台風の日も休まず、何千回と歩きました。

aIMG_1076.jpg

aIMG_1068.jpg

散歩コースの脇にある地域でも稀な存在となってしまった広葉樹林です。昨年末、新たに地主さんから全域のササ刈やセンサーカメラの設置などの承諾書をいただきました。

隣接する所有林(ヒノキ林)と共に、山野を歩くことのと少なくなった私の自然観察エリアです。興味深い植物や数々の野鳥、そしてシカやイノシシの痕跡もあります。先日は音を立てて木に登るリスに会いました。身近な場所ですが、視点を変えて探索すると楽しいです。

aIMG_1071.jpg

樹上に居候しているのはベニシダでしょうか?

aIMG_1074.jpg

aIMG_1058.jpg

aIMG_1069.jpg

優先樹であるクヌギやコナラはもちろん、立枯れてキノコの生えている木が目につきます。

ササ刈は、林内の散策をし易くするためだけでなく、樹木の実生苗や草本類の生育促進を図る目的です。
ブログ友の住む新潟妙高市には、里山保全クラブというしっかりしたボランティア組織があって、下草刈りや倒木の片付けなどを行っているそうです。私たちの地域でもメンバーを募れれば良いのですが、何年間かそういう事に目を向けるようになって、それが容易ではないと痛感しています。

桜保全区

昨日は、植物園で落ち葉や枝の片付けをして来ました。作業後に、草本保全区から離れたところにあるサクラの保全区を見て来ました。

bIMG_1020.jpg

bIMG_1024.jpg

シカ柵で囲まれた広大な植物園の一角に、ゲートで仕切られたサクラの保全区があります。サクラは植物園の各所に植えられていますが、このエリアには様々な種がコレクションされています。

bIMG_1028.jpg

まだ若木ですが、サクラの花が見頃になるまで成長したら、素晴らしい植物園になると思います。開花時期の異なる種を交互に植えてあり、長く花を楽しめるような工夫がされています。

bIMG_1031.jpg

南側・・駿河湾方面を向いて撮りました。

bIMG_1030.jpg

サクラの間に、地域産業と関わりのあったミツマタも植えられています。

植物園が一般開放される頃には、お手伝いを卒業していると思います。でも、植栽された若木の成長を見守るのも楽しいです。
ついでに・・。

bIMG_1045.jpg

我が家のカワヅザクラです。一部花が咲き始めました。

bIMG_1048l.jpg

枝に生えたノキシノブかと思ってズームすると、沢山果実をつけたクモランでした。トリミングし過ぎてかなり荒くなってしまいました。

民家の着生植物を調べに来た学生さんたちの卒業論文は、無事完成しただろうか?2回同行させてもらって、庭木に着生する植物が意外に多い事を知りました。

甲斐犬「萌」のお姉さん

本日は、天気が悪かったのでパソコンで書類作成などをしていると、「萌」のお姉さん犬「小桃」の写真が送られて来ました。

a小桃-

a小桃-(2)

庭で遊ぶ「小桃」。元気そうで何よりです。

a小桃-(3)

「萌」が困ったときの表情とそっくりです。

a小桃

a小桃-(4)

サンルームで休む「小桃」です。「萌」と同じく寝ている事が多いようです。

aPA100037.jpg

「萌」を撮った最後の写真です。晩年は、朝夕の散歩と食事以外はこのように寝てばかりでした。

「小桃」と「萌」は千葉で生まれ、甲斐犬愛護会東京支部(当時)を経て、埼玉と静岡に離れ離れとなりました。その一年後、Webで奇跡的な再会を果たしました。以来、誕生日には飼い主さんから送られて来た写真を、ブログ記事に掲載して来ました。「萌」が旅立った後も、こうして写真を送っていただくととても嬉しいものです。今後も、甲斐犬のカテゴリーで掲載していきたいと思っています。

小桃、萌の分まで頑張って長生きしてくれ!

「萌」は、十数年毎日欠かさず歩いた散歩道の近くで、先代甲斐犬「竜」の隣に眠っています。ずっと短い散歩コースになってしまいましたが、あれから毎日「萌」に会いに行っています。不思議と喪失感は少なく、安らかに眠ってくれる事を祈っています。でも、散歩道を歩き、「萌」の小屋を見ると生前の姿が瞼に浮かびます。

一月上旬の野菜

6日に、再生畑②だけ覗いて来ました。他の畑はどうなっているのか、行くのが怖いので止めました。

aP1060037.jpg

aP1060036.jpg

上段が赤花、下段が白花の蔓有エンドウマメです。例年より遅く播種しました。早く蒔きすぎると、年末にかなり成長して花を咲かせてしまう事があります。

平地ならともかく、山間の地では伸ばし過ぎると寒さで枯れてしまいます。

aP1060030.jpg

aP1060029.jpg

このダイコン、二ヶ所から葉が出ています。この列には、2本ありました。地下部が二股になったりする事はありますが、葉が複数個所から出ているのは初めて見ました。前者は根が障害物にぶつかった場合などに現れるそうですが、後者の原因は何でしょう?

aP1060033.jpg

最近、この植物が姿を現すようになりました。マツバウンランです。野菜を作り始めたばかりの頃は、全然見かけなかったのですが、彼方此方で見かけるようになりました。どうやって、隠れ里のようなこの畑にやって来たのでしょう?野鳥が食べて運んで来たのか、とても小さい種子なので強風によって飛ばされたのかもしれません。

花が咲くと、間もなく種子が熟し重力散布しますので、早い内に除草しないと瞬く間に群生してしまいます。土が露出しているような場所を選んで生えていますので、好光性の種子ではないかと思います。冬でも除草作業は手が抜けません。

2023年初植物園

1月10日は、今年初の植物園の作業に行って来ました。晴れていましたが、風の強い日でした。草本保全区はスギ林が主体なので、林床を覆いつくすほどのスギの枯葉を片づけて来ました。

aIMG_0965.jpg

西エリア入り口近くのミニ梅園です。

この右手方向には、もっと良く富士山を見られるサクラエリアがあります。花の時期に掲載予定です。

aIMG_0961.jpg

開花の早い紅梅は、こんなに咲いていました。

aIMG_0950.jpg

まだ蕾が固いと思っていた白梅も、品種によってはポツポツ咲き始めていました。

西エリアには、サクラ、ツツジ、シャクナゲ、ガクアジサイ、ミツマタなどが植栽されています。それらの成長を見守るのも楽しいです。

aIMG_0972.jpg

先生宅へ向かう道で撮った富士山です。雲一つ無いとても良い天気でした。
今日は再生畑②で電気柵の補強と、隣接するスギ林の中に網を張って来ました。網の中には、植物園や富士山こどもの国へ植栽予定の実生苗などを植えてあります。イノシシやシカは、網があっても侵入される事があります。ただ、リスクを背負っても食べたいような魅力的な餌が無い(見つけられない)場合は、一応防護柵になります。無いより有った方が良い・・という感じです。

コキンバイザサ播種

コキンバイザサの種子の熟す時期が分からずにいました。花期は5~6月とありますが、秋口に花を見る事もあります。

この植物は、冬に地上部が枯れます。枯れたコキンバイザサを確認したところ、ドライ果実の付いている個体が幾つかありました。一番遅い時期に咲いたものと思われます。

aP1090052.jpg

果実を2~3個採取しました。中にはとても小さな種子が複数個(数え忘れました)入っていました。

aP1090058.jpg

aP1090053.jpg

突起部で、鞘の中に固定されていたのだろうか?

aP1090046.jpg

とても小さな種子なので老眼では気づき難いですが、トリミングして見ると沢山のイボがあります。

上手く発芽してくれるか分かりませんが、富士山こどもの国「花の谷」と造成中の植物園に植栽するつもりで種を蒔きました。地温が発芽温度になるのを待って蒔く方が良いのかもしれませんが、私はどれも直ぐに蒔いています。自然播種時期に合わせる事と、保存して置くと蒔くのを忘れてしまうからです。

ap9050492.jpg

何年後かに、こんな花が咲いてくれたら嬉しいです。

キンバイザサ科コキンバイザサ属コキンバイザサ(Hypoxis aurea Lour.)。旧分類体系のクロンキストではユリ科とされていました。

愛鷹山系某所では、殆どの個体に食痕があり、シカの食害ではないかと思われます。また、他の植物が繁茂して環境が損なわれると、短期間に生育地が移動しているような印象を持っています。同じ場所で複数年見ていると、いろいろな事に気付きます。最近では、目新しいものを追い求めるよりも、その方がずっと楽しいです。
プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR