再生畑②の新入り(ポポー)

先生からポポーの苗木をいただき、再生畑②の電気柵内に植えて来ました。

aIMG_9196.jpg aIMG_9197.jpg

暖かい地域の果樹という印象を持っていましたが、調べてみると寒さには強いそうです。しかも、病虫害もあまり心配ないようなので、ものぐさな私向きの果樹です。

aIMG_9200.jpg

aIMG_9199.jpg

「紫色の花が咲き、肉の腐った臭いがする」とあります。自家不和合性だそうですが、実生の場合は、多様な遺伝子を持つため1本でも結実する事もあるようです。また、雌性先熟とあります。何年後か分かりませんが、花が咲く様になったら観察しようと思います。

バンレイシ科アシミナ属ポポー(Asimina triloba (L.) Dunal)。

ポーポー, パポー, ポポーノキ, アケビガキなどの別名が挙げられています。

近くには・・。

IaMG_9202.jpg

同じく、肉の腐ったような臭いのするコンニャクの花が咲いています。本当に臭い!

再生畑の野菜

昨日、再生畑の耕運機がけを行いました。耕運機をかけられないところは、雑草が大きく育っていたので、ねじり鎌などを使って除草しました。これが結構大変で、腰が痛くなります。野菜を作っていない畑が、もう二ヶ所ありますので、そちらへも行くのも怖い・・。

aP3280042.jpg aP3280024.jpg

家族が食べてくれないので、収穫時期を逃したダイコンの花茎が伸びていました。葉野菜も花盛りです。せっかく育ったので、来年用に種が採取出来る迄残すつもりです。

aP3280001.jpg

ジャガイモの葉が出ていました。発芽させてから植えると、未発芽の芋よりかなり早いです。ジャガイモは、私のような素人でも作れるので定番野菜です。

aP3280011.jpg

補償期限切れの種を蒔いたところに、この双葉が姿を現しました。ハツカダイコンだったかな?袋入りの種を使い切る事は殆ど無いので、もっと少量ずつ販売してほしいものです。

最近は引籠り生活が身について、下界へ苗を買いに行く事のも億劫になりました。主な行動範囲は植物園と畑・・毎日が除草屋さんみたいなものです。

ジャガイモ植付

このところ、畑が放置状態でした。暫くぶりに行くと、耕運機がけ出来なかった場所に雑草が繁茂していました。これから、行く度ため息をつく日が続きます。

今日は、倉庫に保管してあったジャガイモを植えて来ました。

aP3090002.jpg

諸先輩よりワンテンポ遅く、芽が出てから植えています。本当は日を当てて芽を強くしてから植えるそうですが、私はそのまま植えています。

aP3090003.jpg

aP3090005.jpg

これは表皮が赤いタイプです。結構美味しいです。それにしても凄い芽ですね。

aP3090010.jpg

aP3090006.jpg

上はメイクイーンだと思います。下はマーケットで売られていたもので品種名は分かりませんが、15cmくらいありました。何れも大きいので、半分に切って植えました。

aP3090017.jpg

芽の伸び過ぎてしまったものもあります。地表に伸びたら、元気の良いものを残して摘み取ります。

Webで、いろいろな野菜の栽培法を見ると、いかに自己流だったか分かります。自家消費の素人農業は、なかなか進歩しません。上手く出来なかった時は、「ちょうどこのくらいのサイズが良い!」と家族に慰められています。

再生畑②の野菜

「そろそろサトイモ貯蔵用の穴掘りをしなくては・・」と思っていたら、急に冷え込んで焦っています。山間部では霜の降りたところもあるようです。

cPB240061.jpg cPB240071.jpg

収穫期を迎えたサトイモとこれから頑張るタマネギです。今年はマルチングビニル無しでタマネギを植えました。昨年は、根が伸びず上手く成長してくれませんでした。最初は根切り虫に食べられたと思ったのですが、マルチによる地温上昇や蒸れのせいかもしれません。今のところ順調なようです。

cPB240053.jpg cPB240073.jpg

左は再生畑①から移植した仮植えのラッキョウです。右は間を開けて植え直しました。葉が太く別種のように育っています。数年放置すると、栄養繁殖(分球)で沢山の球根が出来ます。でも、とても小さくラッキョウ漬けに向きません。

cPB240050.jpg cPB240051.jpg

種蒔きから育てているシュンギクとたぶんブロッコリーです。キャベツの仲間をいろいろ植えた畑で採種したので、交雑して変わったものが出現する事があります。素人農業は、そんな事も楽しみになります。

種蒔きが遅くなって心配していたソラマメも、無事発芽しました。いつも遅れて植付や播種をするので、よその畑の野菜を見ながら焦ってばかりです。

カボチャとインゲンマメ

季節の移ろいは早く、草取りに追われている内に、冬野菜の準備時期になりました。諸先輩に比べて、何時も出遅れてばかりです。

再生畑②へ準備作業に行った時、カボチャとインゲンマメを撮ってみました。

【カボチャ】

xP9200086.jpg xP9200071.jpg

カボチャは、オス花とメス花が咲きます。今年はなぜかメス花が少なく、あまり果実が生りませんでした。

今頃になって、ポツポツ子房が膨れて来たものがあります。野菜も気まぐれです。

【インゲンマメ】

xP9200075.jpg xP9200077.jpg

インゲンマメと呼ばれる種には幾つかあるようですが・・。二度目の収穫時期になりました。地域では、ニドナリと呼んでいます。

xP9200079_20210925165629d9d.jpg

次々と花が咲いて来ます。まだまだ野菜作りは下手ですが、その成長を眺めるのは楽しいものです。

少し前に、稲わらをもらって来ました。素人農業で、堆肥やマルチ用に使っています。そのまま使う事もありますが、時間のある時に細かく刻んで蓄えています。結構埃っぽく、マスクが真黒くなりました。軟弱なので、半日ほどやって挫折しました。
プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR