草本保全区

昨日は、10日ぶりに植物園の作業に行って来ました。日程が決まっているわけではなく、自己都合で作業しています。

aP1300011.jpg aP1300006.jpg

地域では、24日の晩から25日の早朝にかけて、台風並みの強風が吹きました。それが心配でした。案の定、前回片づけたのにご覧のようにスギの葉や枝が散乱していました。

aP1300027.jpg

aP1300021.jpg

管理歩道を優先して片づけました。寒い日なのに、汗をかきました。

この日、新たに2組の木枠を配置しました。

aP1300028.jpg

右手前の木枠の中に、黒い塊が見えています。これは、凍った表土を割ったものです。我が家に比べて、冬はかなり厳しい環境である事が分かります。

aP1300022.jpg

こちらは表土が平らだったため、そのまま配置しました。

aP1300026.jpg

管理歩道に、トラロープ張り用の杭を設置しました。左側は片づけた葉や枝です。エリア外への搬出は時間がかかるので、場所を決めて集積しています。

aP1300030.jpg

二番目の石積みです。私では施工できないので、土木担当の手が空いた時に積んでもらいました。ここには、2種類の実生苗を植え付けてあります。上手く育ってくれるか試験的に植えてみました。

aP1300064.jpg

こちらは、植物園の入り口に置かれている防腐処理をした間伐材です。長さが4mくらいありますので、短く加工したもの以外、私の車では運べません。仕方ないので、この日使用する4本だけ担いで運びました。草本保全区まではかなり距離があるので、とても疲れました。
サクラ、ウメ、ツツジ、シャクナゲ、アジサイなどの木本は、先生のご指示で職員が植栽しています。でも、草本エリアは、私がプランして植栽しています。凡その配置案は作ってありますが、株分、挿木、実生による増殖、その他入手状況によって、その都度調整しています。

草本エリアは、基本的に未公開予定です。まず、植栽植物が配置した環境で上手く育つのかも、確認して行かなければなりません。自身の考えで配置して見て、今後調整していく必要があります。そういう意味で、現時点では植栽実験場のようなものです。

5段目の写真に素焼き鉢が写っています。このエリアには、先生のコレクションされたカンアオイ属を植栽してあります。土が黒ボク主体である事や、雨水により表土が影響を受けやすく、当初想像していたより生育が芳しくありません。そこで、素焼き鉢を埋め込んで、赤玉土+鹿沼土の混合度に植え付ける実験をするために木枠を配置しました。栽培棚の鉢植えと違い、林床への植栽は識者の方でも正解を出すのが難しいと思います。
スポンサーサイト



桜保全区

昨日は、植物園で落ち葉や枝の片付けをして来ました。作業後に、草本保全区から離れたところにあるサクラの保全区を見て来ました。

bIMG_1020.jpg

bIMG_1024.jpg

シカ柵で囲まれた広大な植物園の一角に、ゲートで仕切られたサクラの保全区があります。サクラは植物園の各所に植えられていますが、このエリアには様々な種がコレクションされています。

bIMG_1028.jpg

まだ若木ですが、サクラの花が見頃になるまで成長したら、素晴らしい植物園になると思います。開花時期の異なる種を交互に植えてあり、長く花を楽しめるような工夫がされています。

bIMG_1031.jpg

南側・・駿河湾方面を向いて撮りました。

bIMG_1030.jpg

サクラの間に、地域産業と関わりのあったミツマタも植えられています。

植物園が一般開放される頃には、お手伝いを卒業していると思います。でも、植栽された若木の成長を見守るのも楽しいです。
ついでに・・。

bIMG_1045.jpg

我が家のカワヅザクラです。一部花が咲き始めました。

bIMG_1048l.jpg

枝に生えたノキシノブかと思ってズームすると、沢山果実をつけたクモランでした。トリミングし過ぎてかなり荒くなってしまいました。

民家の着生植物を調べに来た学生さんたちの卒業論文は、無事完成しただろうか?2回同行させてもらって、庭木に着生する植物が意外に多い事を知りました。

2023年初植物園

1月10日は、今年初の植物園の作業に行って来ました。晴れていましたが、風の強い日でした。草本保全区はスギ林が主体なので、林床を覆いつくすほどのスギの枯葉を片づけて来ました。

aIMG_0965.jpg

西エリア入り口近くのミニ梅園です。

この右手方向には、もっと良く富士山を見られるサクラエリアがあります。花の時期に掲載予定です。

aIMG_0961.jpg

開花の早い紅梅は、こんなに咲いていました。

aIMG_0950.jpg

まだ蕾が固いと思っていた白梅も、品種によってはポツポツ咲き始めていました。

西エリアには、サクラ、ツツジ、シャクナゲ、ガクアジサイ、ミツマタなどが植栽されています。それらの成長を見守るのも楽しいです。

aIMG_0972.jpg

先生宅へ向かう道で撮った富士山です。雲一つ無いとても良い天気でした。
今日は再生畑②で電気柵の補強と、隣接するスギ林の中に網を張って来ました。網の中には、植物園や富士山こどもの国へ植栽予定の実生苗などを植えてあります。イノシシやシカは、網があっても侵入される事があります。ただ、リスクを背負っても食べたいような魅力的な餌が無い(見つけられない)場合は、一応防護柵になります。無いより有った方が良い・・という感じです。

姿を現したササユリ

2021年秋、初めてササユリの種子を撒きました。ところが、翌春全然姿を見せず失敗に終わったと思っていました。

その後、ある論文をいただきました。その論文は、ササユリの自生地保全と園芸利用に関するものでした。「種子が地下発芽を経て地上に出芽するまでに17ヶ月もの期間を要し・・」とあります。しかも、開花に至るのは播種から6年の歳月がかかるそうです。

昨年末に実生床を確認すると・・。

aP1030004.jpg aP1030005.jpg

「あっ、出芽している!」

aP1030011.jpg

球根が露出していました。

aP1020028.jpg

aP1020030.jpg

霜で持ち上がったのだろうか?挿木種蒔き用土を被せておきました。

これらは、播種から17ヶ月もかかってはおりません。地上への出芽が早かったのは、実生床の容器が保温性の高い発泡スチロールだったからかもしれません。
一昨年から、富士市域某所のササユリの保全に微力ながら関わらせてもらっています。昨秋にススキを刈取り、脇の林に除去して来ました。その時に採取した種子を別の実生床に撒いてあります。順調に発芽すれば、地上部に出芽するのは2024年の春になります。

それで得られた苗は、ウィルス確認をして生育地と近い場所に植え付ける予定です。掲載した苗の親株は、同じ富士市域でも場所が異なるため、混じらないように気を配っています。

論文には、他にも興味深い事がいろいろ書かれていました。ササユリは、思っていたよりずっと気難しい植物のようです。ちょうど良いタイミングで論文に出会えた事に感謝です。植物の保護は、人やその立場によって様々な考え方があります。ただ、理想論を唱えているだけでは保護できない現実を幾度か目にして来ました。また、実生栽培を経てその生態を知らなければ、実のある保護は難しいと思っています。

昨年撒いたササユリが無事開花に至れば・・。

aimg_9387_20220609165301.jpg

こんな色の濃い花が咲くと思います。後、6年は元気でいなければ・・。

頭巾蘭

長い付き合いのブログ友から貰った頭巾蘭(Taurantha属)の花が咲いています。

sPC180014.jpg

ろくに世話もしないのに年々増えています。

sPC180017.jpg

蕾を正面下側から撮ってみました。

sPC180012.jpg

後ろに写っている直径20cmくらいの鉢が5個あります。当初は単体植えにしていましたが、増えすぎたのでまとめて植えています。

sPC180019.jpg

sPC180016.jpg

この時期に咲く花は2種類あります。2月頃咲く種もありますが、来年咲くかは分かりません。この種は以前プテロスティリス属(Pterostylis)とされていましたが、現在はトウランサ属(Taurantha)に分類されているそうです。
この植物は花の形態だけでなく、その生態も面白いです。ウチョウランなどは親の塊茎の横に増えますが、深鉢に植えて置くと、鉢底近くか水抜き穴の外に塊茎の出来る事があります。栽培土の中を地下茎が伸びその先端に塊茎が出来るようです。

無精者の栽培者は、一年中庫内の窓近くで育てていますので花茎が弱々しくなっています。夏は地上部が枯れ休眠するので、その時に植替えをしています。オーストラリアの人のWebページに「薄い液肥か有機肥料を与える」とあります。解説通りに育てたら、箱で栽培するほどに増えるかもしれません。
【パソコンの事】

昨日、筆ぐるめで年賀状のレイアウト面の試験印刷をしたら、「印刷に失敗しました」というエラーメッセージが出て印刷できませんでした。Q&Aを検索して、いろいろ試しましたが解決に至りませんでした。悩んだ末、以前作成した別の挨拶状のレイアウトを印刷して見ると、問題なく印刷出来ました。

もしかしたら、無料イラスト(PNG)の容量が大きいのかもしれないと判断して、photoshopでサイズダウンしてみましたがやはりだめでした。念のため、PNGをJPEGにしたらサイズがそれほど変わらないのに印刷出来ました。JPEGでも何とか綺麗に見えますので、そのまま印刷する事にしました。一般的にイラストはPNGの圧縮方式を使っていると思いますが、私の使っている筆まめで、どうして印刷できないのか分からないままです。
プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR