ジイソブとバアソブ

愛鷹山系や富士山南麓の林道沿いを探索していると、蔓性の植物で釣鐘のような花に出会う事があります。その殆どはツルニンジン(ジイソブ)だと思います。ツルニンジンによく似たバアソブという植物も、地域で生育が確認されていますが、出会う事は稀です。
まだ、バアソブを見た事が無かった頃、隣県のブログ友が実生栽培で得た種子を送ってくれました。

abjtane.jpg 

左がバアソブで右がツルニンジン(ジイソブ)です。下に掲載した花を見ると、よく似ていますが、種子は全然違いますね。ツルニンジンには翼があり、風で飛散するタイプのようです。バアソブは、重力散布か生き物によって運ばれるのでしょうか?

bm702.jpg

鍋焼きうどんのアルミ容器に蒔いてみると、翌春発芽しました。毛深いのがバアソブで殆ど毛のない方がツルニンジンです。

ab151.jpg

どちらも、発芽した年に初花をつけました。この写真は、2年目のバアソブの芽出しです。白毛の多さで、バアソブと分かります。蔓が伸び葉が展開してくると、白毛は葉裏を残して目立たなくなります。

ap9033529.jpg

実生で咲いたツルニンジン(左)とバアソブ(右)です。バアソブの方が一回り小さめな花です。

ap9033566k.jpg

花の中を覗いて見ました。バアソブの方は内部にそばかすのような模様が見えています。釣鐘の外側から見て褐色に見える方がバアソブと書かれたWeb記事もありますが、早期の花はツルニンジンとそっくりです。中を覗いて判別するのが一番だと思います。

ココログの様に、350ピクセルのサムネイル写真を二枚横並びにしようと思ったのですが、上手くいきません。仕方ないので写真をくっつけて一枚にしてアップしました。写真登録時にサムネイルサイズを設定すると、HTMLでサイズ変更する事も出来ません。有料版だと、もっと自由に記事が作成できるのだろうか?
スポンサーサイト



ソラマメ

今期は、エンドウマメと共にソラマメの播種も遅くなってしまいました。今迄、同じ日に蒔いていましたが、ソラマメの方は少し早めの方が良いようです。

aP1160011.jpg

aP1160009.jpg

連結ポットの枡が小さすぎて、根に押され種が浮いて来てしまいました。また、埋め込む種の向きを気にしないと、逆立ちして発芽してしまいます。素人農業は、学ぶ事ばかりです。ソラマメの発芽温度は、15℃~25℃となっていますので、連結ポットを透明なビニル袋で覆い発芽促進をしました。

as117.jpg

as102.jpg

再生畑①の野菜エリアで、初めて栽培した時の様子です。野菜には、播種が遅くなると開花・結実も遅くなるものと、時期が来れば丈が短いまま花をつけるものがあるように思います。ソラマメは、後者の傾向があるようです。

今日まではとても暖かでしたが、明日頃からまた寒くなるようです。人間だけでなく、野菜にも防寒対策が必要ですね。

凍てつくサワトラノオ

土・日の早朝は、私の隠れ家である車庫二階の室温が0℃でした。屋外の蛇口は凍り付き、睡蓮鉢や左官のプラ舟ビオトープには、厚い氷が張っていました。
  bP1080260.jpg  
沈水状態で栄養繁殖した新芽の成長を継続観察するために、睡蓮鉢に入れたままにしてあります。氷は厚く、素手で叩いたくらいでは割れませんでした。
  bP1080250.jpg  
左官のプラ舟ビオトープも・・。沈水栽培のサワトラノオは、葉色が赤っぽくなりません。水中の方が、生育も早いように思います。

bP1080263.jpg

富士山こどもの国へ移植したサワトラノオの保険として、昨年蒔いて準備した苗です。霜で用土が盛り上がり、根が露出していました。一年前の冬は暖冬だったため、大半が冬葉(一回り小さなロゼット)にならず越冬しました。このような現象は、初めて目にしました。

bP1080268.jpg

こちらは、一昨年播種して昨年の初夏に花をつけた株です。秋に地上部は枯れ、株元から複数の新芽が出現しました。植え替えをせずそのまま置いたため、用土が締まっている上に地下茎や根が伸びていて、上の様に露出する事はありませんでした。

埼玉の市の川小学校さんからの情報でも、サワトラノオは寒さにも強い植物のようです。実験場よりも更に寒い富士山こどもの国でも、無事根付いてくれる事を願っています。

エンドウマメ

山間の地では、ホームセンターで売られている苗は、販売時期が早過ぎて上手く育ちません。ソラマメと共に、毎年連結ポットに蒔いて育てています。
 
aP1070213.jpg

例年は、11月下旬か12月上旬に植え付けていますが、今年は播種時期を遅くして、一月以上遅れて植えました。無事育つだろうか?素人農業は、失敗しても悔しい思いをするだけなので、いろいろ工夫してみるのも楽しいです。

aPC300134l.jpg

aPC300138l.jpg

上は白い花、下は赤い花をつける品種です。赤い花をつける方は、葉脈や葉先に紅色の色素が見えます。苗で区別出来る事を知りました。

image (3)

ua028.jpg

上は、一昨年11月下旬のポット苗の様子です。植付が早かった事と、暖冬だったせいもあり、冬に花が咲いてしまいました。
下は数年前の11月下旬の写真です。忙しくて植えるのが遅くなり、もやしの様になってしまいました。同じく冬に花が咲き、霜除けをしてあったのですが、霜で傷み何本か枯れてしまいました。

タコノアシ

湿地の植物実生栽培実験の最後は、タコノアシです。

apa170088.jpg

掲載写真は、顕微鏡モードで撮ったので米粒のように見えますが、肉眼では粉のように見える微細種子です。他と同じく、播種後覆い土をしませんでした。

aP6150289.jpg 
発芽率は高く、小さな双葉が沢山姿を現します。

aP5020608.jpg 
このくらいに成長すると、他種には無い粗い鋸歯が確認出来ます。ただ、個体毎の成長にかなり開きがあり、成長の遅い苗は、植え替えをしないと日照を遮られ淘汰されていくと思われます。

aP5220471.jpg

更に成長すると、鋸歯がだんだん細かくなって来ます。このくらいになると、親株の姿が思い浮かびます。

aP7150202.jpg

葉の形も細長くなり、苗の時とは別種のような細かい鋸歯の葉をつけて来ます。成長の早い個体は、播種の翌年花をつける事が分かりました。

aPA230316.jpg

この写真は、実生床からプランターへの移植時に撮りました。タコノアシは、地下茎で栄養繁殖する事が分かりました。

静岡県RDBで準絶滅危惧(NT)に指定されていますが、環境が合えば発芽率も高く、丈夫な植物だと思います。旧分類体系では、ユキノシタ科とされていました。

タコノアシ科タコノアシ属タコノアシ(Penthorum chinense Pursh)。

サワトラノオより遅れて開花結実する湿地の植物・・ミズオトギリ、ヒメハッカ、ヌマトラノオ、そしてタコノアシを播種してみました。何れも希少種の部類に数えられていますが、環境が合えば発芽率も高く、丈夫な植物であると思います。

練習(動く文字)

FC2ブログは、無料バージョンでもHTML編集が出来るので、動く文字を練習してみました。ロールオーバー効果などもやってみたいのですが、ココログと写真の格納方法が違うので、これからいろいろ試してみようと思います。年寄りの独学なので、なかなか進歩しません。

左へ流れる文字 右へ流れる文字 左右に揺れる文字 上へ流れる文字 下へ流れる文字 上下運動する文字 弾む文字 点滅する文字は、JavaScriptを使用したサンプルを使ってみました。

ヌマトラノオ

ヌマトラノオは、同じく湿地に生育するサワトラノオに似た感じの花を咲かせますが、もっと花期が遅くなります。

apa170024.jpg

サワトラノオよりも硬い果皮の中に、とても小さな種子が詰まっています。湿地の植物は微細種子のものが多く、数を数えて蒔き発芽率を比べたかったのですが、老眼では難しいので断念しました。

aP5020615.jpg

苗の時は、このように葉色が濃く肉厚な感じの葉です。名札が無ければ、ある程度成長するまで分からなかったと思います。

aP7150201.jpg

このくらいまで成長すると、同属で山野に生育するオカトラノオに似た葉になって来ます。オカトラノオとヌマトラノオは、花期が重なるので種間雑種(イヌヌマトラノオ)も確認されているそうです。中国名は「紅根草」・・成長を見守っていると、その名の由来が良く分かります。的を射た命名だと思います。 
  
サクラソウ科オカトラノオ属ヌマトラノオ(Lysimachia fortunei Maxim.)。

湿地に生育する植物は、次に登場するタコノアシでお終いです。その後の成長は、機会があれば掲載したいと思います。

ヒメハッカ

ミズオトギリの次は、ヒメハッカです。上品な香りを気に入っています。

aP9290670.jpg  
中央の萼の中に種子が見えています。でも、どれにも入っているわけではなく、訪花昆虫が少ないせいか結実率は低いようです。

apa170123.jpg

こちらも、ミズオトギリ同様に小さな種子なので、指で摘まむのも大変です。10月下旬に、ミズオトギリの隣に播種しました。

aPC300125.jpg

12月になると、2対目の本葉が出て来ました。種子はあまり採れませんが、ほぼ全ての種子が発芽しました。発芽率の高い植物のようです。

aP6150277g.jpg

6月頃になると、アカネのような茎を伸ばし葉腋から枝を出します。表土に近いところでは、このように発根します。後の実験で、挿木でも発根し増やせる事が分かりました。

シソ科ハッカ属ヒメハッカ(Mentha japonica (Miq.) Makino)。

この記事では、写真と文章の間を空けてみました。ココログのシステム変更で、この間隔が上手く調整出来ずに、悩んだ時の事を思い出しました。その不具合は、システムの更新により解消されました。

ブログ不具合の解決

新設ブログをご訪問いただき、有難うございます。コメントを「受け付ける」設定をしてあるにもかかわらず、コメントを書く事の出来ない不具合が生じておりました。その不具合が解決いたしましたので、ご報告いたします。

原因は、テンプレートの不具合によるものと思われます。パソコンやOS、そしてブラウザーなど、或いは私の設定方法に原因があるのかと思っていたのですが、テンプレートを変えてみたところ、解決いたしました。その後、幾つかのテンプレートを試してみましたが、当初設定したテンプレートにした場合だけ、不具合が生じました。色合いや画像サイズなど、気に入っていたのですが仕方ありません。

以上、ご報告まで・・(管理人:富士の種蒔き権兵衛)。


プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR