カンアオイ属発芽

6月頃、カンアオイ属の種子を撒いてみました。初めての経験でどうなるか不安でしたが、ポツポツ発芽し始めたようです。

aPA230034.jpg

aPA230029.jpg

カンアオイ属の種子は、アリによって運ばれるそうです。播種前に、エライオソームの観察をし忘れました。

種子を採取した時、腐った萼筒に種子が覆われていました。「アリが運び難いだろうな」という印象を持ちました。腐った萼筒に集りそうなナメクジやカマドウマなどは、種子の運び手にならないのだろうか?

aPA230027.jpg

根が伸び、開出した根毛が沢山見えます。根毛により土壌との接触面積が大きくなって、養分や水分を吸収しやすくなります。この先、どのように成長して行くか観察するのが楽しみです。

カンアオイ属の調査・観察を始めて、一年半ほど経ちます。花の寿命がとても長いものもあり、直ぐに枯れて変色してしまうものもあります。どうも、受粉した花は寿命が長くなるようです。
スポンサーサイト



半年後のマリーゴールド

義母が買ってくれたマリーゴールドを、再生畑に植えて半年が過ぎました。

aP3150143_20211009172431a61.jpg bP9300086.jpg

左が植付直後で、右が現在の様子です。予想していたより大きくなって、電気柵に接触しそうです。
電気柵に沿って設置してある寒冷紗は、小動物阻止用です。

bP9300088.jpg bP9300084.jpg

bP9300072.jpg bP9300068.jpg

マリーゴールドは、トマトやキュウリなどのコンパニオンプランツとして知られていますが、その臭い故か野生動物の侵入阻止にも役立つようです。いろいろ試していますが、ミニトマトやシソなどを植えた場所からも、侵入した形跡はありません。

義母にも畑の様子を見せたいのですが、高齢の上に車酔いするので、遠い距離を乗せて来る事は出来ません。スマホで撮った写真でも見てもらうつもりです。
プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR