植物園(12月下旬)

今年は、素人農業、造成中の植物園、富士山こどもの国(花の谷)の作業など、植物観察よりも栽培関係に時間を費やして来ました。植物園植栽用として、自宅や畑で挿木による増殖や実生苗も育てています。

造成中の植物園も、かなり形が出来て来ました。その一部を掲載します。

bIMG_7593.jpg

ここは、一般非公開の草本保全区の一角です。草押さえに、切藁、スギの葉などを敷いています。

bIMG_7592.jpg

雨水対策のU字溝を造ってもらいました。

bIMG_7614.jpg

こちらは、ビオトープ経由で引いた水路です。バスタブ流用の取水池を造ってもらいました。主として草本類の水遣り用です。近くにあるので、とても助かります。

bIMG_7618.jpg

bIMG_7619.jpg

bIMG_7620.jpg

こちらは、一般公開エリアです。粗方の造成は終わり、伊豆半島を中心とするガクアジサイ(園芸作出種ではありません)などの植栽を開始しています。

他の場所に植栽してあるサクラ、ウメ、ツツジ、シャクナゲなども含めて、ある程度見られるようになるには、まだまだ歳月が必要となります。その時を夢見ながらの作業も、楽しいものです。

スポンサーサイト



ハンカチノキの果実

先生のお宅にハンカチの木があります。果実が欲しいとの依頼を受けて、拾いに行って来ました。

aIMG_7655.jpg aIMG_7657.jpg

左中央がハンカチノキです。ハンカチノキは、中国(四川、雲南)原産で、花の周りに白い花弁のような苞をつけます。花期は見逃しましたが、果実の数からするとかなり花付の良い樹木のようです。

aIMG_7654.jpg

まだ樹上に残っていますが、多くは落下していました。

aPC270028.jpg aPC270029.jpg

幹とひこばえの樹皮を撮ってみました。

aPC270031.jpg

ひこばえの冬芽です。

aPC270033.jpg aPC270035.jpg

果実と昨年のものと思われる種子です。果皮を見ると、ヤマナシの果実に似ています。でも、種子は大きなものが一つだけなので、バラ科ナシ属とは違いますね。

この果実は、複数の花から出来た複数の果実がくっついて一つの果実の様になったもので、複合果と呼ばれているそうです。

ヌマミズキ科ハンカチノキ属ハンカチノキ(Davidia involucrata Baill.)。エングラー分類体系では、ハンカチノキ科となっています。

2~3個撒いてみようと思っていますが、無事発芽してもハンカチのような苞をつけるまで10年ほどかかるそうです。

ハルザキヤツシロランの蕾

倉庫の片付けをしながら、久々に腐生ランの栽培容器を覗いて見ました。

ハルザキヤツシロランの常温栽培容器から・・。

aPC210009.jpg

部材の間から蕾が姿を現していました。

aPC210002.jpg aPC210004.jpg

この容器では、二つの蕾が確認出来ました。

そして、パネルヒーターで加温している容器では・・。

aPC210014.jpg aPC210012.jpg

もっと伸びた花茎がありました。

常温容器は静岡県中部産で、加温している容器は関西方面産のハルザキヤツシロランです。

この二つの容器内のハルザキヤツシロランは、今迄のような実生から育てたものではありません。根状器官が切り取られた塊茎を、研究者が送ってくれたものです。塊茎からの栽培は初めてなので、枯れてしまうかと思っていたのですが、約9か月後に蕾を確認する事が出来ました。

実生栽培では、栽培床に自生地の部材を混ぜて使いましたが、今回の部材は全て家の近くのスダジイ林下のものを使いました。しかも片方は常温で行いましたので、同じ実生床で発芽実験をしてみようと思います。上手く発芽したら、家の近くのスダジイ林下に播種すれば、発芽・生育するかもしれません。

ついでに・・。

ヒメヤツシロランの容器を覗いて見ました。

aPC210027.jpg

彼方此方に伸びていた根状器官の大半は、役目を終え枯れていましたが、一部写真のような疣状器官が確認出来ました。共生菌から養分を得ていた証です。こちらは、家の近くのササを刻んで栽培床を作っています。

ムサシアブミの果実

ムサシアブミの果実が熟したので、採取して来ました。

aPB240036.jpg

11月24日の様子です。まだ少し緑がかっていました。

aPC060002.jpg

aPC060003.jpg

12月6日の様子です。果実が赤く熟し花茎が折れていたので、採取して来ました。

aPC060012.jpg

aPC060008.jpg

長さは違いますが、コンニャクに似ています。目の覚める様な色ですね。

この場所には、複数本のムサシアブミが生育しています。ムサシアブミは雌雄異株です。しかも、他のテンナンショウ属と同じく、栄養状態によって性別が変わります。昨年は、一つも果実が生らなかったので、雄株ばかりだったのかもしれません。
造成中の植物園には、テンナンショウ属も植栽予定です。基本的には、種子繁殖によって得られた苗を育て植栽するつもりです。ただ、開花株に育つまで何年かかるのか分かりませんが・・。試験的に、昨年秋に別のテンナンショウ属の種を蒔き、数株の苗を得る事が出来ました。こちらも、栽培経験は無いので試行錯誤して行くしかありません。

寒中のサワトラノオ

富士山こどもの国のサワトラノオの様子です。高度1,000m近い場所では、予期せぬことがいろいろ起こります。

aPC050042.jpg

aPC050036.jpg

昨年秋に植えた株です。無事冬を越し水中で生き続けています。写真では分からないと思いますが、氷が張っていました。

aPC050031.jpg

aPC050033.jpg

こちらは、夏頃植えた株です。今のところ大半は無事ですが、下段の左隅にシモバシラによって持ち上げられ根が露出した個体が見えています。

aPC050049.jpg

aPC050053.jpg

こちらは、今秋に植えた苗です。氷の中にいるものは無事なようですが、水の無いところは下段のように根が露出していました。

今迄の栽培実験で、この植物は水中で生育する事を確認しています。また、寒さにも強く氷の中に埋まっても枯れません。
この地での冬越しは、霜柱で浮き上がる事の無い水中で栽培するのが良いと思っています。出来ればもっと水深のある所の方が安心ですが、この湿地(池)の構造上少し難しいのが悩みの種です。何とか根付かせるために試行錯誤して行くつもりです。

富士山こどもの国(12月上旬)

日曜日は、「富士山こどもの国」でタムラソウの苗の植付などを行って来ました。曇天模様の寒い日でしたが、汗をかき腰が痛くなりました。

aPC050067.jpg

aPC050068.jpg

我が家の圃場ではまだ緑の葉ですが、標高の高いこの場所ではこんな状態になっています。先輩が実生発芽させた苗で、120個体もありました。

山野では比較的丈の低いものを見かけますが、栽培すると2mを軽く超すような草丈になる事もあります。

aPC050027.jpg

花の谷湿地エリアの様子です。この左手の草原エリアに植え付けました。自生種もいろいろ生育していますが、来園者に楽しんでもらえるように、静岡県東部に生育する種の(実生苗の)植栽もしています。

後ろに見えるのは、愛鷹山系の越前岳などです。不法投棄監視パトロールで、中腹に延びる林道愛鷹線を走行するのも楽しみです(ゲートがあるため、一般車両は進入できません)。

次の記事では、湿地エリアに植栽したサワトラノオの様子を掲載します。

県外で見た紅葉

ある植物の調査で、県外某所に行きました。そこで見たカエデ属の紅葉を撮ってみました。

aIMG_7378.jpg

aIMG_7381.jpg

ムコロジ科カエデ属の紅葉は、光を透かして(透過光で)見るのが一番です。

aIMG_7369.jpg

aIMG_7380.jpg

この場所では、みんな赤く染まっていました。

aIMG_7375.jpg

ズームすると、葉縁が重鋸歯になっているのが分かります。イロハモミジ(別名:タカオカエデ,イロハカエデ,タカオモミジ,チョウセンヤマモミジ)のようです。

aIMG_7396.jpg

穎果(えいか)を飛ばし始めたススキの穂が、季節の終わりを告げていました。

調査目的の植物名?それは秘密です。
プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR