セキュリティーソフトの不具合

24日早朝、アルバイトの図面描きをするつもりで、PCのスイッチを入れたところ、暫くしてブルー画面になりました。

ウィルス対策保護の有効期限が切れました。・・・・・。サブスプリクションを更新するか・・。」というような事が書かれており、右下に「更新」「アンインストール」のボタンが表示されていました。

有効期限はまだ400日以上あるはずです。それに、有効期限内自動更新にしてあるため、それ以外に表示される「更新」ボタンは怖くてクリックできません。ましてや、「アンインストール」なんて尚更です。PCを再起動すると、ウィルスバスターのアイコンに?マークがついていて、右クリックしてメイン画面を表示しようとしても「アクセス不可」になってしまいました。

念のため、作図データーはUSBに退避して、スマホでいろいろ調べてみると、マカフィーでもこのような画面の出る事があるようです。そうすると、ウィルスバスターだけの問題ではないようです。ブラウザ或いは、その更新とウィルスバスターの期限内自動更新のタイミングによるものかもしれません。

実は約一年前頃にも、「動作を停止しました。再起動してください。」というメッセージが出て、再起動をしても同じメッセージが出てしまいました。この時には、セキュリティーソフトをインストールし直して解決しました。今回も、同様にしたところ解決しました。
昨今は、PCの無い生活は考えられませんが、Web接続したPCはセキュリティーソフト無しでは怖くて使えません。この2日間ほどPCを使わないでいたので、部屋の中の不要書類が片付きました。部屋が片付くと、頭の中もリフレッシュ出来て、作図作業が進みます。

本ブログ初めての、写真無記事でした。
スポンサーサイト



コシノカンアオイ

フォッサマグナ区系に生育する種の比較目的で、昨年友人からコシノカンアオイを送っていただきました。
aP2200027.jpg

aP2200020.jpg

地域に生育するカンアオイやオトメアオイに比べてかなり大きな花です。しかも開口部が大きい!

aP2200023.jpg

aP2200016.jpg

中を接写してみました。オシベ12個、花柱6個。萼筒内壁には格子状の隆起線が見えています。隆起線数は、種を同定する重要な要素になるそうですが、本数に範囲があり特に横隆起は不明瞭で数えにくい種もあります。

花を切断して見れば良いのですが、植物園保全区で育成予定の貴重な個体なので受粉させてみる事にしました。

このコシノカンアオイは、複数個体送っていただきました。ところが、どれにも葉がついておりませんでした。雪に覆われる前の寒風で枯れてしまったのかもしれません。その中に、蕾のついたこの個体がありました。蕾は一向に膨らまず成長が止まってしまったかのようでした。ところが、1月下旬頃から少し膨らみ始め2月上旬に萼裂片が開き始めました。

カンアオイ属

昨年播種したカンアオイ属の様子です。6月頃播種して、9月には一部発芽が確認出来ました。その後も発芽は続きましたが、殆ど成長はしておりません。初めての経験なので、何時頃から葉が展開するのかも不明です。

aP2200001.jpg

萼筒が朽ち始めた頃に中を覗くと、種子が黒褐色になっていたので採取して撒きました。種子数は数えておりませんが、実生床の様子から発芽率は高いものと思われます。

aP2200012.jpg

種子にはエライオソームがあるそうです。まだ初心者なので良く分かりませんが、この写真がエライオソームの付いている面だと思われます。種子の先端に白いエライオソームのあるスミレとは異なるようです。

aP2200008.jpg

この後の成長も、出来るだけ記録して行きたいと思っています。
カンアオイ属の栽培難易度は「5段階で3」とありますが、実生からの栽培は案外難しいのではないかと思っています。発芽してから無事生育して開花に至るものがどれくらいあるのかかなり不安です。

一部の種を除き常緑である事から寒葵と呼ばれるとありますが、山野に生育する個体を観察してみると、常緑種でも冬に葉を落とすものもあります。その株には、春になって沢山の新葉が出現します。葉を落とさなかった個体とは、蓄積された栄養分に差があるはずです。それが花数に影響するのかは、まだ分かりません。

義母の家の花(2月上旬)

明日は雪予報が出ているので、本日義母の様子見に行って来ました。ピンボケしてしまいましたが、庭の花などを撮ってみました。

aIMG_7920.jpg

日向で寝ていた萌が、起き上がって見送ってくれました。朝散歩の後は、夕散歩までほとんど寝ています。散歩と餌の時間だけを生きがいに余生を送っています。

aIMG_7924.jpg

義母の家ではセイヨウサクラソウが咲き始めていました。

aIMG_7937.jpg aIMG_7939.jpg

プランターに植えられたハボタンも綺麗でした。この植物がお気に入りなようで、毎年見かけます。

ハボタンはキャベツの仲間なので食べられると思いますが、園芸店から買って来た苗は、園芸用農薬を使用している事があるので食べない方が良いそうです。それに、たぶん美味しくないと思います。

キャベツやハクサイを無農薬栽培するには、防虫ネットが欠かせません。それでも、隙間から侵入した虫に食べられる事があります。

aIMG_7952.jpg aIMG_7954.jpg

こちらは、義父が大切に育てていたシンビジュームです。今年も蕾をつけてくれました。義母の家では、冬でも屋外で栽培出来ます。一昨年植替えをしましたので、今年の花後に植替えを手伝いに行くつもりです。

義母は、庭の植物の植え替えや水遣りは続けています。今日もマメにゴミの片づけをしていました。無理をしないように言っていますが、何でもやろうとする気持ちがある内は、少し安心出来ます。毎日見に行けないので、行った時は嫁さんがきつく小言を言うので気の毒です。

プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR