ジイソブとバアソブ(実生栽培)

ジイソブとバアソブの花が咲き始めました。地域に生育する種ではありますが、実生栽培品なので、こちらのブログに掲載します。

【ジイソブ】

aP9010032.jpg aP9010041.jpg

立派でしょ?これは二株の蔓を誘引してあります。数えきれないほどの蕾がついていました。

aP9010035.jpg

並べるとジイソブとバアソブか?なんて思われるかもしれませんが、どちらもジイソブです。大きい方が通常サイズです。

aP9010038.jpg

通常サイズの花。

aP9010039.jpg

小さな花。沢山の花をつける株では、栄養不足でこのような小さな花を見る事があります。

キキョウ科ツルニンジン属ツルニンジン(Codonopsis lanceolata (Siebold et Zucc.) Trautv.)。別名をジイソブ。

【バアソブ】

ジイソブに比べて、山野で出会う事はずっと稀です。

aP9010030.jpg

aP9010031.jpg

こちらは、植物園に植えた残りで、まだ鉢植えにしてあります。針葉樹のミニ盆栽の鉢でも発芽し、数個の花をつけていました。

キキョウ科ツルニンジン属バアソブ(Codonopsis ussuriensis (Rupr. et Maxim.) Hemsl.)。
図鑑に、ジイソブとバアソブの識別ポイントが幾つか書かれています。ジイソブより花は小さいですが、生育場所の環境による個体差もあり見慣れない内は分かり難いですね。私は裂片が浅い(短い)事でも見分けています。苗の時や春先に地上部が姿を現し始めた頃は、葉や蔓に毛が生えているので区別しやすいですが、成長するとあまり目立たなくなります。

果実が熟すと、種子でも見分ける事が出来ます。ジイソブはクリーム色で翼があり、バアソブは黒っぽくて翼がありません。種子の形状の違いが個体数を左右させる事になったのかもしれませんね。
ジイソブもバアソブも、発芽率は高く、沢山の苗を得る事が出来ます。ただ、実生床にそのまま置いたのでは多くが枯れてしまいますので、実生苗を無駄なく育てるには早期の移植が大切です。生育の良いものでは、秋に播種して翌年花を見る事が出来ます。

もう一つ注意しなければならないのは、この植物が虫に好まれる事です。必ずという訳でがありませんが、葉を殆ど食べられてしまう事もあります。成長期にマメに監視して駆除する必要があります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR