サクラソウ科の植物三種(実生栽培)

2022年7月17日・・クリンソウの種子を蒔きました。なかなか発芽してくれませんでしたが、少しだけ苗が確認出来ました。ついでに、サクラソウ科の植物三種の実生栽培について比較してみました。

aP9090006.jpg

aP9090005.jpg

双葉の時は半信半疑でしたが、本葉の鋸歯がクリンソウと認識させてくれます。

aP9090009.jpg

こちらは、本葉の形からサクラソウだと思います。

aP9090008.jpg

クリンソウとサワトラノオです。どちらも、同じ時期の播種です。サワトラノオは、植え替えをするか単独発芽した場合はこのように大きく育ちます。

aP9090013.jpg

サクラソウは、昨年春に発芽した苗です。

aP9090019.jpg

こちらは、一昨年発芽したサクラソウで、一部は花を咲かせました。ところが、先輩から頂いた開花株や、数年前に八ヶ岳クラブで買って来た株は、とっくに地上部が姿を消して休眠に入っています。実生一年目ならともかく、複数年経てもこの時期に地上部が枯れないのはどうしてでしょう?

aP9090014.jpg

こちらは、富士山こどもの国「花の谷」へ植栽・展示用に播種したサワトラノオの実生床の様子です。このくらいの内に、株間を空けて植え替えないと多くが姿を消してしまいます。
植物毎に、発芽温度や種子乾燥による発芽抑制によって発芽時期が異なる事は、少ない栽培経験から学びました。今回は、クリンソウとサワトラノオを同じ日に播種しました。サワトラノオは早いもので4日、約一週間後には数えきれないくらい発芽しました。

サクラソウは、種子が熟し始めて直ぐに蒔いても、当年発芽するものと翌春発芽するものがあります。クリンソウも、現在の様子からすると同様である事が予想されます。実生栽培によって学ぶ事は沢山あり、とても興味深いです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

種蒔きの土は?

ご無沙汰してしいます。

やまぶどうさんは沢山の山野草の種蒔きをされていますが
蒔く土は何をお使いですか?差し支えなかったら教えて下さい。
シキンカラマツの種を採って来たので、蒔いてみたいと思っています。

No title

ロココ様、お早うございます。
微細な種子をつけるサワトラノオの実生栽培実験でいろいろな用土を試してみました。
私の方法が良いのか分かりませんが、次のような用土に播種しています。
ベースは、小粒~中粒の赤玉と鹿沼(2:1)です。
それを敷いた上に、挿木種蒔き用土を1cm以上敷いています。
理由は、発芽したての苗が、水遣りや雨水などで埋まらないように、微細な部材で出来た挿木種蒔き用土を使いました。
尚、同用土には初期肥料が含まれていますので、子葉(双葉)から本葉が出始める頃の成長が促進されます。
種にもよりますが、本葉が出始めピンセットで摘まむくらいの時期に、間隔を空けプランターなどに移植して成長を促しています。
移植が遅れると、多くの苗が競い合い姿を消していくので、苗を有効に育てるためです。
また、種子が微細なものは好光性(覆い土をしない方が発芽する)ものが多い事も、サワトラノオで学びました。
私が山野草などを実生で育てるようになったのは、つい最近の事です。種によって、発芽時期やその後の生育に違いがあって難しい反面、とても面白いです。

ありがとうございます

せっかく採取した種ですので、何とか育てたいと思います。
ヤマシャクヤクの種も偶然落ちているのを見つけました。
一緒に蒔いてみたいと思います。
発芽して苗が沢山出来たら、山に返してみます。

No title

ロココさん、今晩は。
色々な植物を実生栽培すると、学ぶ事が多く楽しいですね。
ヤマシャクヤクは、播種の翌年発芽するという人もいますが、私の場合は2回とも、ベニバナヤマシャクヤクと同じく、葉所の翌々年に発芽しました。
種子の乾燥が進むと、発芽抑制されるのかもしれません。
昨年蒔いたササユリも、発芽しないと思っていたら、翌々年地上に姿を現すそうです。
来春が楽しみです。

No title

こんばんは
庭の花は以前から種蒔きで作っていましたが
里山にある山野草、いわゆる雑草と呼ばれているもの(メハジキ、カワミドリ、カメバヒキオコシ等)は簡単に育って、すぐ花が見られるのですが
高原地区で育っているシキンカラマツやヤマシャクヤクは中々手強そう・・・
そこでひらめいた?やまぶどうさんという大先輩がいらっしゃるではないか・・・と言うことで
教えを請うたしだいです、ありがとうございました。

No title

ロココさん、お早うございます。

植物栽培に関しては、ロココさんの方がずっと先輩です。
どの植物も上手に育てられていて、いつも感心しています。

私は自己流なので、栽培に慣れた人からアウトと思われるような方法も試しています。
最初に使った実生床は、鍋焼きうどんのアルミ容器でした。
本来なら水抜き穴を開けるのですが、それをしないでジイソブ、バアソブ、ヤシャビシャク、サワトラノオ、カンアオイ属などの苗を沢山得る事が出来ました。
発芽率が高かったのは、土壌湿度が安定・継続していたためではないかと思っています。

山野の植物保護に関しては、実生栽培を行って、その生態を知る事が大切だと思っています。
ロココさんのご友人の雪割草の先生のように・・。
上手く発芽する事を願っています。
プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR