姿を現したササユリ

2021年秋、初めてササユリの種子を撒きました。ところが、翌春全然姿を見せず失敗に終わったと思っていました。

その後、ある論文をいただきました。その論文は、ササユリの自生地保全と園芸利用に関するものでした。「種子が地下発芽を経て地上に出芽するまでに17ヶ月もの期間を要し・・」とあります。しかも、開花に至るのは播種から6年の歳月がかかるそうです。

昨年末に実生床を確認すると・・。

aP1030004.jpg aP1030005.jpg

「あっ、出芽している!」

aP1030011.jpg

球根が露出していました。

aP1020028.jpg

aP1020030.jpg

霜で持ち上がったのだろうか?挿木種蒔き用土を被せておきました。

これらは、播種から17ヶ月もかかってはおりません。地上への出芽が早かったのは、実生床の容器が保温性の高い発泡スチロールだったからかもしれません。
一昨年から、富士市域某所のササユリの保全に微力ながら関わらせてもらっています。昨秋にススキを刈取り、脇の林に除去して来ました。その時に採取した種子を別の実生床に撒いてあります。順調に発芽すれば、地上部に出芽するのは2024年の春になります。

それで得られた苗は、ウィルス確認をして生育地と近い場所に植え付ける予定です。掲載した苗の親株は、同じ富士市域でも場所が異なるため、混じらないように気を配っています。

論文には、他にも興味深い事がいろいろ書かれていました。ササユリは、思っていたよりずっと気難しい植物のようです。ちょうど良いタイミングで論文に出会えた事に感謝です。植物の保護は、人やその立場によって様々な考え方があります。ただ、理想論を唱えているだけでは保護できない現実を幾度か目にして来ました。また、実生栽培を経てその生態を知らなければ、実のある保護は難しいと思っています。

昨年撒いたササユリが無事開花に至れば・・。

aimg_9387_20220609165301.jpg

こんな色の濃い花が咲くと思います。後、6年は元気でいなければ・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。

ササユリも開花までに6年ですか・・・カタクリも7年かかりますので、いい勝負ですね。
どちらの花も里山が荒れて、その数を減らしている花ではないでしょうか?
特にササユリは昔は居なかったイノシシの食害も深刻です。

私が参加している里山保全クラブで手入れしている山の一つでは
ササユリが沢山育って来ていて嬉しい限りです。
田んぼと小さな集落に囲まれた小山なので、まだイノシシも入っていないようです。
アケボノシュスラン、さらに去年はギンランも数株見つかりました。
老化で身体のアチコチ、ガタが来るようになりましたが、体力が続く限り参加していきたいと思っています。

お互い元気に頑張りましょうね。

No title

ロココさん、今年も宜しくお願い致します。

ササユリ、ベニバナヤマシャクヤク、カタクリなど開花に至るのが長い植物の保全作業は、特に急がなければなりません。
写真の花の場所も、少し低いところではイノシシの荒らした痕がありました。
私も、近くの雑木林の笹刈などを行うつもりです。
昨年末に、地主さんから入林、笹刈、移植などの許可を文章でいただいてあります。
仲間を募られればいいのですが、こどもの国の希少植物保全メンバーの実情を見ても、地域性なのかなかなか難しいと思っています。

そちらの里山保全活動をブログで拝見するのは、自身にとってとても励みになります。

余談ですが・・・

こんにちは。その里山保全クラブですが
今日これから臨時総会と懇親会があります。
私は懇親会は欠席しますが(受験生がいるので万が一を考えて)。
今日も中々楽しみなプログラムがありますので、楽しみです。

No title

ロココさん、今晩は。
里山保全クラブの作業内容は、こちらでも参考になります。
また、ブログに掲載してください。

私は、本日第五回目のコロナワクチン接種をして来ました。
もっと早く出来たのですが、当初問題が多かったようなので様子見していました。
重症化が少ないとはいえ、感染すると家族などに迷惑が掛かるので仕方ありません。

No title

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

穏やかなお正月も終わり、日常に戻りましたが

コロナ感染者の数には、驚きました。

収束はまだ先でしょうか?

No title

おばさん、お早うございます。
こちらこそ宜しくお願い致します。
コロナ感染者は収束どころか上昇の一途を辿っていますね。
行政や医師会の判断も一貫していないし、マスクをしないでマーケットや病院に来る人がいまだに見受けられます。
軽症であろうが、感染すればみんなに迷惑をかける事になります。
これからずっとワクチン接種を受け続ける事になりかもしれません。
プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR