小さな里山保全

毎日一回、萌の散歩道のショートコースを歩いています。ロングコースは、萌が大変そうだったので、ある時期から止めました。様子見に行くと、倒木やササが覆い被さりそのままでは歩くのが大変な状態でした。

aIMG_1061.jpg

aIMG_1062.jpg

ササの繁茂していた赤道が、晩年のショートコースです。地主さんの承諾を得て、時々ササを刈っています。雪の日も台風の日も休まず、何千回と歩きました。

aIMG_1076.jpg

aIMG_1068.jpg

散歩コースの脇にある地域でも稀な存在となってしまった広葉樹林です。昨年末、新たに地主さんから全域のササ刈やセンサーカメラの設置などの承諾書をいただきました。

隣接する所有林(ヒノキ林)と共に、山野を歩くことのと少なくなった私の自然観察エリアです。興味深い植物や数々の野鳥、そしてシカやイノシシの痕跡もあります。先日は音を立てて木に登るリスに会いました。身近な場所ですが、視点を変えて探索すると楽しいです。

aIMG_1071.jpg

樹上に居候しているのはベニシダでしょうか?

aIMG_1074.jpg

aIMG_1058.jpg

aIMG_1069.jpg

優先樹であるクヌギやコナラはもちろん、立枯れてキノコの生えている木が目につきます。

ササ刈は、林内の散策をし易くするためだけでなく、樹木の実生苗や草本類の生育促進を図る目的です。
ブログ友の住む新潟妙高市には、里山保全クラブというしっかりしたボランティア組織があって、下草刈りや倒木の片付けなどを行っているそうです。私たちの地域でもメンバーを募れれば良いのですが、何年間かそういう事に目を向けるようになって、それが容易ではないと痛感しています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは♪
里山保全クラブにリンクも張って下さったのですね、ありがとうございます。
妙高市は小さな市ですので、みな同じ様な環境に住んでいます。
結果、まとまりが良いのかもしれませんね。
影?のボス(笑)の影響も大きく、小学校の教員➡教育長➡大学教授等を歴任され、求心力がとてもある方です。
余談ですが・・・妙高の植物の図鑑はその方が中心になって刊行されました。
私がもっとも尊敬する方で、会員の教育(木や草花、はたまた機械や冬囲い等の技術向上)にも熱心な方です。
市の職員も巻き込んでいるのも、なかなか見事だと思います。
やまぶどうさんの活動にも賛同者がきっと出てくると思いますよ。
頑張って下さいね。

No title

ロココさん、今晩は。
自然保護を唱える人は多くても、活動にはなかなか目を向けてくれません。
関連したある活動を経て、その事を実感しました。
姿を消して行く希少植物を見て嘆いていても守る事は出来ません。
「市の職員さんも巻き込んで・・」私もそう思い打診した事があります。
でも、従来のシステムが弊害になっていて、新たな試みは望めない事を知りました。
自分で出来る事だけやりながら、有志を探していこうと思っています。
プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR