保護増殖される植物

打ち合わせがあって、ある施設に行って来ました。そこで、保護・増殖されている植物を少し掲載します。

aIMG_3421.jpg aIMG_3422.jpg

サクラソウです。良く見ると、蕾が姿を現している場所もありました。栄養繁殖だけでなく、実生での増殖も行われています。

aIMG_3419.jpg aIMG_3408.jpg

サクラソウの仲間、クリンソウも沢山ありました。

右は、ヤマシャクヤクです。更に希少なベニバナヤマシャクヤクも、実生で増やしているそうです。そちらが姿を現すのは、もう少し先になります。

aIMG_3413.jpg aIMG_3414.jpg

カタクリもありました。別の場所から移植したそうですが、実生苗も育っていると聞きました。



このエリアに自生していた種もあれば、他から移植したものもあります。こういう施設内にある植物には、魅力を感じないという意見もあります。でも、山野で個体数を減らしていく植物を見て、憂えているだけでは希少種は守れません。
こういう駆け込み寺のような場所で育てる事も、一つの希少種保護の在り方だと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

春の野

ノビルも食べました。
私たちはノンビルといいますが、ノビルが正しいでしょうね。

カタクリは教えていただたのが、最初でした。
妖精のような、触れば壊れそうな花。
愛おしい花だと思いました。

カタクリも山菜

おばさん、今晩は。
ノビルやタラの芽、そしてコゴミも出始めました。
県内各地で保護されているカタクリも、長野県では山菜として売られていました。
昔の様に雑木林が整備されていれば、静岡県でも山菜になっていたかもしれませんね。
プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR