アマギカンアオイ

先生が、研究のために栽培されているアマギカンアオイを撮ってみました。

aP4150040.jpg aP4150042.jpg

葉表の光沢、葉脈の窪みが深い事など、地域で見るカンアオイ属の中でも特徴的な葉をつけます。花は通常暗紫色ですが、この個体は白っぽく、素芯花と呼べばいいのでしょうか?

aP4150029.jpg aP4150019.jpg

左側はアマギカンアオイ、右側はシモダカンアオイの銘板がついていました。

シモダカンアオイのタイプ標本は、昭和天皇が須崎御用邸で採取された事で知られています。図鑑で見ると、アマギカンアオイ、シモダカンアオイ、そしてタマノカンアオイは、葉や花が似ています。葉表の葉脈の窪みや、葉柄の色などが識別点として挙げられています。シモダカンアオイ(var. shimodana F.Maek)は、アマギカンアオイとタマノカンアオイの中間的な特徴を持つとあります。でも、現在は、アマギカンアオイに含まれています。

ウマノスズクサ科カンアオイ属アマギカンアオイ(Asarum muramatsui Makino)。


富士市が公表した植物目録には、アマギカンアオイが掲載されています。リストは、根拠となる様な発見場所、発見者、発見時期などは記載されておりません。静岡県植物相調査報告書の「東部」とあるものを入れてしまったなんて事は無いだろうか?伊豆天城周辺でもレアなアマギカンアオイが、地域を越えて富士市に生育しているとは素人ながらに考えにくい事です。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR