ツクネイモ

少し前に、「丹波 山の芋」というのを頂きました。地域でヤマノイモというと、自然薯(ナガイモ)を思い浮かべます。

aP5050001.jpg aP5050003.jpg

ところが、袋の中から出て来た芋は、コンニャクか黒っぽいジャガイモのようでした。おろし金で擦ると、とても粘りがあって美味しい芋でした。

aP5050007.jpg aP5050008.jpg

根が伸びていたので、二つだけ畑に植えてみる事にしました。

栽培法を調べると、根の出た頂芽を切り捨て、残った部分を切り分けて植付けるとあります。自然薯は、頂部にだけ成長点があって、ここを切ってしまっては腐ってしまうと思います。この芋は、ジャガイモの様に彼方此方から芽が出てくるような記述でした。

丹波山の芋は、ヤマノイモ科ツクネイモの品種名のようです。

今日は、希少植物保護のお願いに、2ヶ所の窓口を訪問する予定です。ところが、最初に予定していた窓口の担当者が、午前中休みとの事ですので、PCデーターの整理やブログ記事を書いて時間調整しています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR