イモ類

昨日は、午前中だけ雨が降らないとの予報だったので、再生畑②へ行って来ました。

素人農業も駆け出しの私にとっては、比較的栽培のしやすいイモ類が主体となります。

【サトイモ】

aP5200064.jpg aP5200065.jpg

左はタケノコイモというそうで、近所の人から頂いたものです。親芋は筒のような形で昨年作った時は驚きました。でも、美味しいイモです。

aP5200066.jpg aP5200072.jpg

サトイモの葉は撥水性があり、葉表の汚れを洗い流す効果があります。

余ったイモは、畑の隅にまとめて植えました。白いのは、カキの殻を粉にしたもので、苦土石灰の代わりに使っています。

【サツマイモ】

aP5200060.jpg aP5200059.jpg

鳴門金時と紅はるかです。もう挿し芽が残っていないと思ったのですが、ホームセンターにあったので買って来ました。

今年は栽培を諦めていたので、畝作りとマルチングシート掛けの準備もしてなく、当日に行いました。

【ジャガイモ】

aP5200076.jpg aP5200073.jpg

メイクイーンと紫系のジャガイモです。両方植えてあった場合、シカはメイクイーンの葉茎を好んで食べます。紫系は美味しくないようです。
ところで、この三種類はイモの名はついていますが、種類が違います。サトイモはサトイモ科サトイモ属、サツマイモはヒルガオ科サツマイモ属、ジャガイモはナス科ナス属に分類されます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR