植物園ビオトープエリア

昨日は、久々に植物園の草刈りなどをして来ました。ビオトープの周りも、歩き難いくらい草が伸びていました。

aIMG_5542.jpg aIMG_5499.jpg

実生二年目の、タコノアシです。タコノアシは、発芽率が高く、また地下茎で栄養繁殖するので、場所を決めて植付けてあります。

aIMG_5539.jpg aIMG_5568.jpg

実生一年目と二年目の、ヌマトラノオです。ヌマトラノオは、苗の時と成長してからの葉が少し違って見えます。

aIMG_5545.jpg aIMG_5549.jpg

昨年秋に播種したミズオトギリとヒメハッカも、順調に育っています。

この他にも、ノハナショウブ、ヘラオモダカ、ミツガシワなどを植栽してあります。成長具合を見ながら、植付位置などを調整して行くつもりです。

aIMG_5533.jpg

aIMG_5513.jpg

いろいろなトンボが飛んでいました。ここで羽化したものもいます。また、ヤマアカガエル、モリアオガエルなどが卵を産んだり、水生昆虫もいろいろ棲んでいてとても賑やかです。

アオミドロの除去や草刈りはとても面倒ですが、思い描いているビオトープに近づいていて、とても楽しみです。
この場所を、湿原エリアと呼んでいましたが、今後はビオトープと呼ぶ事にしました。ビオトープは、管理士やアドバイザーなどの認定資格があるそうです。私?そういうものは必要ありません。難しく考えるのが、苦手なので・・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富士の種蒔き権兵衛

Author:富士の種蒔き権兵衛
植物を知るには、種を蒔いて育ててみるのが一番です。野菜から山野草まで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
権兵衛の種蒔き日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR